海外では日本で売られていないノートがたくさんあります

海外では、日本で売られていないノートがたくさんあります。そこで、輸入されている海外のノートを見ていきたいと思います。

大きさとしては、A6からA7サイズの中間のようなサイズが存在し、欧州からの輸入ノートに多い特殊なつくりとなっています。

紐止めされた形となっており、ホチキス止めが目立つ形となっているため、日本製と比べるとテープや糊で隠れている部分があらわになっているところがあります。

しかし、同じ海外からの輸入品であっても、値段が上がると品質は格段に向上します。

先述したノートはどちらかといえば安値な商品でしたが、高級品となると表紙にラベルホルダーが存在したり、肌触りのよさや耐水性を備えたものも存在します。

また、勉強する分野に特化した商品も存在しています。

化学の周期表や数式が記載されているメーカーもあるので、理数系の方にお勧めの商品となっています。

このようにみると、国内と海外の商品には大きく違いがあります。

その中で自分に合った商品を見つけ、勉強等に役立つノートを作成するうえでも、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ノートカバーを使うオススメの理由

  2. ポケット付きのノートカバーはこんな時に便利

  3. 生地の販売

  4. 日本のノートの種類ってどのくらいあるの?定番ノートから高級なノートにつ…

  5. 新入社員にオススメのノートは?「デキる新入社員」を目指そう!

  6. 学生に人気のノートは?

  7. ノートカバーのサイズはどうやって選ぶ?サイズ別、用途の検証

  8. sample image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP